ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

「鶏らぁ麺labo」一度食べるとはまる濃厚鶏白湯×洋風の絶品ラーメン

Twitterで名前が多く上がる館林市のラーメン屋さんの一つ『鶏らぁ麺labo』さんの紹介記事です。

お昼営業(11:00~14:00)のみなので注意して下さい。

f:id:t-shock:20190114071221j:plain

店舗情報

店名:鶏らぁ麺 labo

営業時間:11:00~14:00(LO)

定休日:水曜日(※臨時休業あり)

交通手段:館林駅から1,163m

住所及び地図

群馬県館林市富士原町1145

公式ホームページリンク

鶏らぁ麺laboのブログ

鶏らぁ麺 labo ラボ (@n_labolabo) | Twitter

 

鶏白湯色の外観にシンプルな造り 

f:id:t-shock:20190114071452j:plain

後述しますが、ここのベースのメニューは白濁の鶏白湯ラーメン。

見ての通り、白に近いクリーム色の外壁と白色の看板が特徴の店舗は提供するラーメンのイメージとピッタリです。

店舗自体はそれほど大きくなく、こじんまりとしたシンプルな造りをしています。

店舗の場所が開発真っただ中の区画整理地内となっており、周辺の道が工事中だったり道が分かりにくかったりするので、注意して下さい。

 

女性も入りやすい清潔感のあるお店

人もいっぱいいたため、中の撮影は控えましたが、店舗自体が新しく、女性でも入りやすそうな清潔感のある内装。

カウンター席が10席弱、3人~4人掛けのテーブル席が1席と外観同様こじんまりとしているため、大人数で行く際は分かれるのを覚悟して行った方がよさそう。

テーブル席1席でそのテーブル席自体も背もたれのない椅子しかないため、小さいお子さん連れで行くと恐縮しながら食べなくてはならないかもしれません。

一人あるいは少人数の友人と行くくらいが丁度良さそうですね。

ベースのラーメンメニュー2種!

f:id:t-shock:20190114075134j:plain

色々書いてありますが、ラーメンメニューは

鶏soba塩780円、鶏つけsoba塩830円

の2つのみ!

トッピングメニューが

+100円で味玉

+200円で和え玉

+80円でご飯割り(粉チーズ付き)

+60円で小ライス(粉チーズなし)

+100円で海苔

サイドメニューは

ビール(ハートランド)350円

コーラ100円です。

金・土とTwitter告知限定の時限定で「新ROSSOヌードル860円」というメニューも出ます。

さらに、まれにその日限定メニューとして「煮干し系ラーメン」だったり、「まぜそば」を提供したりしているようです。

限定メニューを提供する時には、鶏らぁ麺laboさんの公式Twitterで告知するようなので、是非チェックしてみてください。

子ども二人と私で、

味玉鶏soba塩 880円、鶏つけsoba塩 830円を注文!

と思ったのですが、店員さんに頑なに

「初めての方は鶏つけsobaを注文して、和え玉やごはんで調整する方が良い」

と推されてため、とりあえず、味玉鶏soba塩 880円だけ注文してみました。

(後から思いましたが、確かに正解だったように思います。)

アレンジ無料トッピング

f:id:t-shock:20190114215619j:plain

卓上には、 

ブラックペッパー、チリガーリック

ゆず唐辛子、レモン汁

が置かれています。

これで自分好みの味にアレンジしてみるのも良さそうですね。

味玉鶏soba塩880円はこちら

f:id:t-shock:20190114215653j:plain

まずはスープ。コーンポタージュのような濃厚でクリーミーな鶏白湯にパセリの風味を加えたスープは洋風ラーメンと言って良さそうです。

麺はストレートの細麺でパツパツとした食感と小麦の香りでこれまた美味い!

スープが濃厚なため、スープと麺がよく絡みます。

f:id:t-shock:20190114224651j:plain

チャーシューはレア気味で柔らかく、食べ応えもあります。

味玉はまるまる1個のっており、割ってみると中から半熟の黄身がとろーり出てきます。

細切れにされたレタスと玉葱はシャキシャキとした食感で楽しませてくれて、

フライドオニオンやほぐした鶏肉も良い仕事してます。

味覚、食感、香りなどよく考え込まれている一品って感じでした。

和え玉200円はこちら

f:id:t-shock:20190114220053j:plain

和え玉は鶏soba塩にも入っていた麺に、ホタテ等(詳しくは不明)の旨味が和えられています。

チリガーリックやカレーパウダー、ほぐされたチキン等がまぶしてあり、これ単独でも十分美味い。

先ほど店員さんが頑なに和え玉を勧めてきた理由が分かりました。

f:id:t-shock:20190114220209j:plain

単独で1杯食べた後にもう一杯は残ったスープに和えてみました。

これも美味い!チリガーリックのピリ辛が良い仕事をしてくれます。 

ただ、通常のスープに和え玉の旨味の塩分が足されるため個人的にはややしょっぱかったかな?

特価のライス80円はこちら 

f:id:t-shock:20190114220236j:plain

実は一番驚いたのはこのライスを入れてから。

このライスの投入後、セットで付いてくる粉チーズを入れると洋風のリゾットになります。

f:id:t-shock:20190114223240j:plain

粉チーズが加わる事で、全く違った味になるのにはびっくりしました。 

さきほど塩分が・・・とか言いましたが、ご飯を入れると丁度良い塩分になります。

考えられて作られているなぁ・・・とここでも感心してしまいました。

まとめ 

味玉鶏soba塩、和え玉2回、ライスを注文してみた上での個人的アドバイスは

①味玉は付けた方が良い

②和え玉は単独で食べる

③鶏soba塩スープに投入するのは「ライス」の方が良い。

と言っても味覚は人それぞれかと思いますので参考意見程度にしてもらえば。

なんか記事を書いているうちにまた食べたくなってきた。そんなちょっとクセになる味です。

館林市には他にない味。どうかお試しあれ。