ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『麺屋手ごね竹』~塩ラーメンが絶品・光り輝く竹の塩~

 T-shockがまだ子どもだった頃、仲が良かった友達のお父さんが「ここの塩ラーメンは日本一うまい!」と断言していたラーメン屋があります。

そのラーメン屋の名前は『麺屋手ごね竹』

今回はラーメン屋の名店「麺屋手ごね竹」を紹介したいと思います。

f:id:t-shock:20180829005704j:plain

 

店舗情報

店舗名 :麺屋 手ごね竹
電話番号:0276-75-7837
営業時間:平日11:00~14:00、17:00~20:45
     土日祝11:00~14:30、17:00~20:45
定休日 :水曜
席数  :29席

住所及び地図

群馬県館林市広内町11-17

店舗は住宅街の中!ちょっと分かりにくいかも?

店舗が住宅街の中にあり、少し分かりにくい場所にあります。

西側からお店に行く場合には「岩崎電機」さん

南側からお店に行く場合は「館林水道センター」

東側の県道7号線(5号道路)からお店に行く場合には「麺屋手ごね竹」の茶色い看板を目印にして行くと良さそうです。

 

昭和感漂うグッズがいっぱいの店内

カウンター席5席、4~5人ほど座れそうなテーブル席が2つある手前の部屋と

4人掛けの机が3つほどある奥の座敷席があります

この日は平日の夜にも関わらず、カウンター席が常連さん風の3人+お1人様二人で埋まっていて、奥の座敷席は4・5人の家族がうちも含め3組来ており、ほぼ満席状態でした。

それなので店内は撮影を控えさせていただきました。

 

店内は懐かしい昭和感が漂うグッズでいっぱい

座敷席から眺める様子はこんな感じです。レトロなグッズで溢れています。

f:id:t-shock:20180829010614j:plain

下中央にあるレトロなテレビは飾りかと思いきや・・・

f:id:t-shock:20180829010619j:plain

しっかり今も現役でした。地デジ・液晶テレビの時代となった現在、久々に白黒ブラウン管テレビを見れてテンションが上がります。

 

醤油ラーメン・しおラーメン・みそラーメン。お酒も飲めるぞ

f:id:t-shock:20180829010655j:plain

らーめん・しおラーメン・みそラーメンが揃ってます。

やはり注目すべきは「しおらーめん」

メニューには「光り輝く竹の塩」と語呂の良い言葉が書いてあります。やはりお店としても、しお推しという事でしょうか。

小さいころから友人のお父さん教え込まれていたため、塩が美味い事は十分知っていたのですが、あえて、この日は家族総出で来ていたため、らーめん(醤油)、しおらーめん、みそラーメンの三種類すべて頼んで食べ比べをしてみる事にしました。

らーめん650円・しおらーめん680円・みそらーめん780円、ごはん230円を注文。

f:id:t-shock:20180829010658j:plain

ラーメンメニューの裏にはお酒・ドリンクメニュー。ビール、日本酒、ハイボール、焼酎など一通りそろっています。

左上「こんなわかりにくいらーめん屋に来てくれてありがとう」分かりにくいという事はお店側も自覚があるようです(笑

分かりにくい場所にあっても混雑しているという事は・・・そういう事です。

 

何だかんだやっぱり塩!

それぞれのラーメンはこちら。醤油、塩、味噌の麺はすべて青竹打ち縮れ麺。佐野ラーメン系の特徴をしっかり持ってます。

f:id:t-shock:20180829064126j:plain

f:id:t-shock:20180829064055j:plain

f:id:t-shock:20180829064111j:plain

家族で、「Q1一番美味しかったのは?」「Q2ごはんに一番合うのは?」という質問で醤油・塩・味噌を投票したところ

Q1一番美味しかったのは?

醤油:0

塩:3

味噌:1

Q2ごはんに一番合うのは?

醤油:1

塩:1

味噌:2

という投票結果でした。

Q1では嫁、私、子どもの3人が塩と答えたため、大人から子どもまでやはり塩は支持されるようです。

Q2は票が分かれましたが僅差で味噌が勝利。個人的にはここでも塩が最も合うと思いましたが、家族の総意は味噌という結果でした。

メニューを選ぶ際の参考にしてみて下さい!

 

その他

同じ館林市の名店「金正」さんもこちらで修行をして開業するなど、館林市のラーメン業界にも大きく影響を与えているラーメン屋と言えるかもしれません。

らーめんのまち館林プロジェクトにも参加しているお店という事なので、今後の展開が楽しみです。

「光り輝く竹の塩」是非お試しを。