ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『完熟味噌らぁめんかなで商店』館林唯一の味噌ラーメンメインのラーメン屋 

令和元年7月8日。鶏白湯スープのラーメンを提供していた『麺工房かなで』が味噌ラーメンをメインで提供する『完熟味噌らぁめんかなで商店』としてリニューアルオープンしました。

f:id:t-shock:20190828202258j:plain

オープン後しばらく混雑しており、敬遠してしまっていたのですが、先日ようやくお店に入る事ができたので、ご報告します。

以前の『麺工房かなで』さんの時もセンスを感じる美味しいラーメンを提供してくれていたので、非常に楽しみ。

 ちなみに『麺工房かなで』さんの昔の記事はこちらです。

www.tatebayashi-matome.info

店舗情報

店舗名:完熟味噌らぁめんかなで商店

営業時間:11:30~15:00 17:30~ 21:00

定休日:月曜日

電話番号:0276-59-7232

リンク:味噌ラーメン専門店|【公式】館林の完熟味噌らぁめん かなで商店

住所及び地図

住所:群馬県館林市小桑原町847-1

 

外装からも伝わるがっつり系味噌ラーメン感

f:id:t-shock:20190827160654j:plain

リニューアルオープンした店舗の外装を見た時の私の感想は、「味噌ラーメン屋感!」です。

『麺工房かなで』の時には白色系を基調とした割と落ち着いた雰囲気の店舗でしたが、今回の店舗は、味噌らしい茶色を基調とし、ラーメンの写真を多用してがっつりお腹を満たしてくれそうな雰囲気のある店舗に生まれ変わっています。

とにかくがっつり系味噌ラーメンを提供するお店だという事が店の外からでも伝わってきます。

同じ店舗でもこれだけ見た目のインパクトを変えられるのは素直にすごいなぁと感心してしまいました。

f:id:t-shock:20190827162627j:plain

県道7号線の道路側から見てもラーメン屋である事が一目瞭然。

店内は以前と変わらず

店内は『麺工房かなで』さんとほぼ変わっていません。

4~6人程度座れそうな座敷席が3つと、カウンター席8席、二人掛けのテーブルが4つという配置です。

f:id:t-shock:20190827164133j:plain

変わったところと言えばこれまたインパクトのある看板。

写真を見ると食欲をそそるのですが、店舗の外から眺めているので、ここまでくると少し胃もたれ気味となってしまう気がします(笑)

ただ、旨そうな写真です。

f:id:t-shock:20190827164500j:plain

気遣いのこども用おもちゃ、絵本も健在でした。

子どもが飽きないような工夫で子育て世代にはこれ結構ありがたいんですよね。

メニューは味噌ラーメンと担々麺!そして唐揚げ

f:id:t-shock:20190827165827j:plain

もう写真で何度も見ているのでメニューは大体予想は付きます(笑)

メニューから判断するにやはり味噌ラーメンと担々麺がメインメニューのようです。

ただ、ここで驚いたのが味噌ラーメンなのに安いって事。

チャーシューなしの味噌らぁめんなんか「650円」ですよ。安くないですか?

味噌ラーメンって最近の新しい店だと1000円くらいする印象。

値段もなかなか攻めてますね!

f:id:t-shock:20190827171945j:plain

やはり、外観から店内にまで写真掲載の推しの唐揚げも気になるところ。

お得な「唐揚げセット」があったので、頼んでみました。

かぶりつきチャーシュー味噌ラーメン950円

f:id:t-shock:20190828202356j:plain

黄色みかかった中太の縮れ麺に野菜、チャーシュー、カイワレ大根、ニンニクチップ、卵が乗った一品。

スープは北海道味噌、信州味噌、加藤平太郎商店の3種の味噌をブレンドして完成したこだわりのスープ。

野菜は、もやし、人参、ニラ、キャベツ、キクラゲなど火が通っているでしゃきしゃきした食感を残した状態。

カイワレ大根のえぐみがチャーシューや味噌のこってり感を緩和する良い役割をします。

チャーシュー・・・これはうまい!やわらかふっくらチャーシューは食べ応えがあり、味噌ラーメンにもマッチです。

個人的にはニンニクチップはいるかなぁ?って印象。ニンニク感を出すにもニンニクチップにしなくてもいんじゃない?見た目重視かな?

950円で味噌のチャーシュー麺が食べられるのにも驚きです。

バターコーン味噌ラーメン850円

f:id:t-shock:20190828194838j:plain

かぶりつきチャーシュー味噌ラーメンのチャーシューの代わりにバターとコーンが乗った一品。
味噌×バター×コーンの組み合わせ、これ最強です。絶対不正解のない味。

コーンはシャキシャキで味噌バターとの相性ばっちり。

ただ、個人的にはもうすでに味噌のスープがこってりしているので、さらにバターでこってり感を出さなくてもいいかなと思ったり。

↑これは完全好みですが。

お腹にがつんとした刺激を求める方にはこちらおススメですね。

味噌担々麺800円

f:id:t-shock:20190828195532j:plain

他の記事をご覧の方はお分かりですが、わたくし辛いのがあまり得意ではありません。

それなので、メニューにも記載のある「辛」の文字にビビりながら注文してみましたが、結果・・・全然大丈夫でした!

味噌の甘味が辛さが緩和されて程よい辛さです。

山椒の香がほどよく感じられるどろどろのスープは、よく麺が絡み食べ応えばっちり。

ラーメンの上にはひき肉とチンゲン菜、もやし、ニンニクチップがのっており食感で楽しませてくれます。

辛いのが好きな人は少し物足りなさを感じるかもしれませんが、私にとっては丁度良い辛さでした。

館林市には担々麺を提供してくれるお店がないので、館林市で本格担々麺を食べたい時にも是非おススメですね。

唐揚げセット280円

f:id:t-shock:20190828201153j:plain

店舗の外・中とめっちゃお店推しの唐揚げもやっぱり気になってしまうので、釣られて注文してしまいました。

釣られてみて・・・正解!このから揚げ唐揚げ専門店の出す唐揚げです。

一口ではとてもじゃないけど食べる事ができないくらいの大きさの唐揚げはしっかりと火が通っており、一口かじると肉汁が溢れ出ます。

ラーメン屋さんでこのから揚げを提供しちゃって良いの?って思うくらい美味い。

そこらの定食屋の唐揚げなんかよりも全然美味いし、コスパも良いかと思います。

またこのから揚げを食べに行きたくなる美味しさ。

みなさんも釣られて食べてみて下さい(笑)

まとめ

『麺工房かなで』では館林のトリパイタン系のラーメン屋さんのパイオニアのイメージでしたが、また新たに本格味噌ラーメン、担々麺を提供してくれる店へと見事、変貌を遂げました。

クオリティの高い多種多様なラーメンを提供できる店長さんのセンスにはホント脱帽です。

館林市で味噌ラーメン・担々麺が食べたくなったら是非『完熟味噌らぁめんかなで商店』おススメします!