ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『仙松(せんまつ)』~上品なお味の淡麗系ラーメンが館林に登場。平成30年10月15日オープン~

県道314号古戸館林線(東国文化歴史街道)と国道122号線が交差する「赤土町」の信号西側に新たなラーメン屋さん『仙松』がオープン。

子どもを連れて早速食べてきましたのでご報告いたします。

f:id:t-shock:20181109223234j:plain

店舗情報

店名:仙松(せんまつ)

営業時間:昼 11:30~14:30

     夜 18:00~21:00

定休日:木(臨時休業あり)

電話番号:不明

住所及び地図

リンク

仙松 (せんまつ) on Strikingl

仙松 (@5151senmatsu) | Twitter

仙松 (@senmatsu810) • Instagram photos and videos

 

 白ベースの黒の松の絵柄の看板が目印

f:id:t-shock:20181109224327j:plain

「赤土町」の信号を西側に進むと間もなく、上の写真のような大きな白い看板が見えてきます。

「仙松」の文字が筆文字、黒色で描かれた松の絵柄が素敵な看板ですね。スタンプを押したような赤字の「館林」の文字も統一的な和のイメージにピッタリ。

早速お店の中へ。

最初に食券を購入するシステム

f:id:t-shock:20181109225809j:plain

入って間もなく、食券の販売機があります。

メニューのラインナップはこちら。

ラーメンメニュー

塩らーめん 720円
ゆず塩らーめん 750円
旨辛塩らーめん 780円
旨辛ゆず塩らーめん 800円
醤油らーめん 720円
ゆず醤油らーめん 750円
旨辛醤油らーめん 780円
旨辛ゆず醤油らーめん 800円

大盛+100円

トッピングメニュー

ほうれん草 100円
のり 100円
特製トッピング 230円
(味玉1コ、チャーシュー1枚、のり5枚)  
チャーシュー 250円
メンマ 150円
半熟玉子 100円

サイドメニュー

ライス 150円
半ライス 100円
チャーシュー丼 300円
ネギめし 250円
プチ丸餃子(6個) 350円
プチ丸餃子(3個) 180円
ラムネ 200円
ビンビール 300円

辛いのが苦手なT-shockとその子どもたちはゆず塩ラーメン大盛820円、ゆず醤油ラーメン大盛、プチ丸餃子を注文。

店内は満席、15分程度の待ち状況

f:id:t-shock:20181109225639j:plain

この日は日曜日のお昼12:30という事もあり大盛況。カウンター席8席、テーブル席4席×2もある店内は満席状態。さらに2組待ちという状況。ただ、さすがラーメン屋さん回転率が良いため、15分ほどの待ちでテーブル席に着くことができました。

 

f:id:t-shock:20181109232652j:plain

席に着いて目についたのがフクロウの楊枝置き。かわゆい・・・。

子どもたちが「お腹空いた!」「遅い!」などとしょうもない事を言うのを制しながら待っていると間もなくラーメン登場。

ゆず塩らーめん大盛はこちら

f:id:t-shock:20181109232928j:plain

淡麗系と呼ぶにふさわしいあっさりとした塩ラーメン。ゆずの香りが口に広がり、上品なお味。チャーシューが高級なお肉を使っているのでしょうか、とろっとろで口当たりがよく、めっちゃ美味しい(少し油身多めですが)。白ワインを使った塩だれのスープもとっても美味しく体の事を考えなければ飲み干したくなるお味でした。

麺は栃木の「中沢製麺」を使用しているとのことで、表面はつるつる、かむと小麦の香りが広がる美味しい麺でした。

メンマが細切りになっているのも特徴。

 

ゆず醤油らーめん大盛がこちら

f:id:t-shock:20181109232926j:plain

淡麗系のゆず×醤油の組み合わせは初めて食べましたがこちらも美味かった。ゆずの香が強く説明書きにあったショウガの香は分かりませんでした、おそらく入っていたものと思われます。やはりチャーシューがうまい。

プチ丸餃子はこちら

f:id:t-shock:20181109233000j:plain

黒いお皿にまんまるとした白い餃子が乗っていていてなんか高級感があります。

食べてみると、もちもちとした食感の生地に肉汁があふれます。

高知産で、ショウガも入っているそうです。

ピリ辛で美味かった。

まとめ

清潔感あふれる店舗と淡麗系の上品なお味は女性受けもしそうな印象。

是非一度お試しあれ。

ごちそうさまでした。