ぐっどTB

Good TateBayashi

群馬県の聖火リレーのトップバッターを飾るのは館林市!コース、アクセス、駐車場、おススメ見学場所等情報まとめ

f:id:t-shock:20200111172842j:plain

Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう」をコンセプトした東京オリンピックの最初を彩るのが聖火リレー。2020年3月26日の福島をスタートした後、国立競技場で開催される7月24日の開会式まで、全国を走ります。

群馬県は47都道府県のうちの3番手3月31日(火)、4月1日(水)で、館林市が群馬県のトップバッターで走る事が決定しています。

このページは館林市の聖火リレーのコースや周辺の駐車場、アクセス、おススメ見学場所や同時開催されるイベント情報などをまとめてみました。

東京オリンピック2020聖火リレー(館林市)概要

日時:2020年(令和2年)3月31日(火)

(時間は不明(9:00頃?):情報が入り次第更新します)

出発場所:つつじが岡公園大芝生広場

到着場所:館林駅

ランナー:見城美枝子氏ほか

コース&駐車場MAP

※駐車場はつつじが岡公園周辺の無料駐車場しかポイントを置いていないですが、館林駅周辺にも有料駐車場がいっぱいあります。

アクセス情報

①電車の場合

浅草駅⇒館林駅(東武伊勢崎線 約60分)

館林駅からつつじが岡公園まで徒歩約20分(1.5kmほど)

(クリックするとルート検索結果が表示されます)

 

②車の場合

ⅰ東北自動車道から

 浦和IC⇒館林IC (約30分・約40km)

館林ICからつつじが岡公園まで車で約10分(約5kmほど)

(クリックするとルート検索結果が表示されます)

ⅱ関越・北関東自動車道から

 前橋IC⇒太田桐生IC(約30分・約40km)

太田桐生ICからつつじが岡公園まで車で約30分(約20kmほど)

おススメ見学場所は?

スタート地点のつつじが岡公園周辺か、フィニッシュ地点の館林駅前。

ランナーが走るのは、平日の昼間ですが、混雑も予想されます。

つつじが岡公園の周辺には無料駐車場が充実しており、かつ園路を走るため、歩行者の邪魔になりにくい、後述する同時開催のイベント会場となっている点から一番はつつじが岡公園周辺がおススメです。

館林駅は電車で来た際に、アクセス良好なのと、駅前周辺には有料ではありますが、駐車場が充実している、次の聖火リレー場所に向かう際の車両の積み込み作業を観れる可能性があるという点で、館林駅周辺もおススメです。

イベント情報

#みんなの聖火リレーフォトコンテスト

聖火リレーのルートに選ばれた地元の景勝地、聖火ランナーの応援メッセージなど聖火リレーに関する写真をSNSに投稿。

東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである、コカ・コーラやトヨタ自動車などからオリジナルグッズがプレゼントされるというもの。

応募期間は2019年12月17日(火)~2020年2月29日(土)23:59

詳細は公式ホームページから

#みんなの聖火リレー フォトコンテスト|東京2020オリンピック聖火リレー

さくらまつり&こいのぼりの里まつり

f:id:t-shock:20190306225244j:plain

さくらまつり、こいのぼりの里まつりはともに館林市を代表するイベントの一つで、聖火リレーのスタート地点のつつじが岡公園で開催されます

川の上を泳ぐ数千にも及ぶこいのぼりはその掲揚数でギネス認定を受けた事もあり、その数に圧巻されます。

川沿いに植えられたさくらとのコラボレーションは写真映えする事間違いなし。

屋台の出店や、夜にはライトアップもされ、見どころがいっぱいです。

さくらまつりのイベントの様子などはこちらから

www.tatebayashi-matome.info

こいのぼりの里まつりのイベントの様子などはこちらから

www.tatebayashi-matome.info

 

まとめ

館林市会場は、駐車場が充実している、公園内を走るという事で、県外、市外から応援に来た方も見学しやすいし、同日、同場所で開催しているさくらまつり&こいのぼりの里まつりも非常に大人気のイベントとなっているため、非常におススメ。

オリンピックが日本で開催されるのも一生のうちでそうそうある訳ではありません!

是非この機会に館林市で聖火ランナーを見てみませんか?