ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『ばらくら』~安い!田園風景の中に佇む和食のお惣菜が食べ放題のお店~

和食の惣菜の食べ放題でしかも格安のお店があるという噂を聞いてからなかなか行けずにいた『ばらくら』さん。

いつの間にか館林市の東側の楠町から館林市の北西側の日向町に移転しており、それでも行けずにいたのですが、ようやく先日初めてお伺いしたので、ご紹介させていただきます。

f:id:t-shock:20180909215507j:plain

 

店舗情報

店舗名 :ばらくら

電話番号:0276-55-4158

営業時間:ランチ11:30~15:00 ディナー17:30~21:00

     ディナーは土日祝日のみ営業

定休日 :月曜日(但し月曜日が祝日の場合は火曜日が休み)

 

住所及び地図

群馬県館林市日向町1154-2

 

国道122号沿いの白い看板が目印

f:id:t-shock:20180909215353j:plain

国道122号線から見た店舗の様子です。店舗の外観が普通の一般住宅に近いため、この看板を見逃してしまうと、通り過ぎてしまいそうなので注意!

 

ランチもディナーも90分食べ放題 大人1,100円

メニュー表はこちら。

f:id:t-shock:20180909221904j:plain

ランチもディナーも90分食べ放題で、大人1,100円、小学生は700円、3歳以上の幼児は400円。

ドリンクは別途注文という形式のようです。

もはや食べ放題の金額ではありませんよね。

ディナーは土日祝日のみの営業との事ですが、ディナーもランチと同じ金額で食べる事ができるのも良いですね。

 

お店の内装も家庭的

f:id:t-shock:20180909224339j:plain

4~6人ほど座れそうな座敷席が3テーブルある以外は、すべてテーブル席。テーブル席は4人掛けのテーブルが10席ほどありました。

写真でも分かるように雰囲気は外観同様にアットホームな雰囲気です。

この日は子ども連れの家族3組が座敷席で埋まっており、テーブル席も家族連れが2・3組。

後は常連ぽいお年寄りの方が2・3組という感じでした。

 

豊富な創作和食料理にデザートも充実

お店に入ってすぐのところに料理はあります。

f:id:t-shock:20180909225833j:plain

切干大根、五目ひじき、筑前煮、金平ごぼう・・・和食の王道が一通りあります。

f:id:t-shock:20180909230138j:plain

大根の甘酢漬け、揚げなす、玉子焼き・・・こちらも王道。揚げなすがキラキラして美味そうです。

f:id:t-shock:20180909230206j:plain

ブロッコリーポテトサラダ、カボチャサラダ、ゴボウサラダ、オクラなどサラダも充実。サラダだけでもお腹いっぱいになりそう。

f:id:t-shock:20180909230351j:plain

寒天、水ようかん、チーズケーキ、プリン、マンゴープリン、抹茶プリン、ゼリー、コーヒーゼリーなどデザートも充実してました。

f:id:t-shock:20180909230327j:plain

バイキング形式ですのでこんな風に自由によそって食べます。

写真右下の桜エビと大根の煮付けですが、芯まで味が染みてて美味しかったです。

f:id:t-shock:20180909230255j:plain

もつ煮・・・もつがほろほろでとろけます。臭みもなく、さらりといける優しいお味。

f:id:t-shock:20180909230257j:plain

ネギトロ丼・・・すし飯とネギトロ、海苔がそれぞれ置いてあるため、好きなだけお好きな分量で食べれます。この時は、ネギトロ多めにしてみました。最後はひたすらこれを食べてました。

 

まとめ

田園風景の中に佇むその姿はまさに首都圏に住む方が群馬、館林に対して持つイメージにぴったりかもしれません。

優しく家庭的な和食の味をお腹いっぱい食べる事のできるお店『ばらくら』。

創作和食料理を腹いっぱい食べたい方、家庭の味に飢えている方、どこか懐かしい味に出会いたい方、そんな方々におススメです。