館林まとめ

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『ぐんまちゃん家』群馬から銀座、銀座から世界へぐんまの魅力を発信 移転後7月25日グランドオープン!

銀座に群馬のアンテナショップが出来たという情報を聞きつけ、早10年。ようやく先日行く事ができました!
だた、ちょっとイメージしていたのとちゃう・・・看板ってこんなんだっけ?妙に新しいし?なんか思ってたんとちゃう・・・。
それもそのはず、平成30年6月12日に売店が、7月25日に2階のレストランがオープン開始で、グランドオープンしたとの事。
図らずも良いタイミングで訪問する事ができ、なんか得した気分!

f:id:t-shock:20180802055045j:plain

店舗情報


店舗名 :ぐんまちゃん家(ち)
電話番号:03-3571-7761
営業時間:11:00~19:00
定休日 :なし
住所  :東京都中央区銀座7-10-5The ORB Luminous1F-2F

 

白を基調とした高級でオシャレな外装

f:id:t-shock:20180802055114j:plain

建物に面している東側、西側の道路の両側から店舗には入れるようになっています。「ぐんまちゃん家」という文字に、一方はカラー、もう一方は白いぐんまちゃんのイラストが目に止まります。

白を基調とした、高級感あふれる銀座にぴったりなオシャレな外装です。

「群馬=田舎でダサい」というイメージは払しょくさせる(?)いい感じの外装です。

落ち着きのある店内はお酒も楽しめる

f:id:t-shock:20180802060707j:plain

内装についても白とベージュを基調とした造りになっておりとても落ち着きがあり、高級感を漂わせています。

写真の右側にはバーカウンターがあり、ビールやドリンクをその場で作ってもらえるようになっていました。

写真右上のモニターには館林市の花ハスクルージングの映像が流れ、しっかり館林PRをしていました。

f:id:t-shock:20180802061704j:plain

群馬県PRポスターも店内に貼ってありました。

野菜直売コーナー

f:id:t-shock:20180802062156j:plain

毎月第2・4土曜に、新鮮なぐんまの野菜や果物を販売する『ワゴンマルシェ』を開催しているとの事。

f:id:t-shock:20180802062213j:plain

この日はマルシェの日ではなかったですが、野菜もしっかり販売されていました。

お酒の販売コーナー

f:id:t-shock:20180802062823j:plain

お酒の販売コーナーです。群馬の地酒、豊富ですね。

f:id:t-shock:20180802062820j:plain

館林市の分福酒造のお酒も発見!

うどん等乾麺の販売コーナー

f:id:t-shock:20180802063051j:plain

うどんの販売コーナーです。日本3大うどんの一つ伊香保の「水沢うどん」や幅広の麺が特徴のある桐生の「ひもかわうどん」などをはじめとして、いろいろな種類のうどんが販売されていました。

f:id:t-shock:20180802063053j:plain

もちろんわれらが花山うどんも置かれていました。

もっとお店でPRしてくれたら良いのに・・・と館林びいきの目で見てしまいましたが、あくまでも「群馬」のアンテナショップですもんね。しょうない!

なので私が少しPRしますね!

店内には全く書かれていませんでしたが、花山うどんの鬼ひも川は「うどん天下決定戦」といううどんの日本一を決めるイベントで3連覇した名店です。

 

花山うどんに関する記事は下記の通りですので是非興味のある方は見てみて下さい。

www.tatebayashi-matome.info

花山うどんの鬼ひも川が食べられる銀座店も徒歩10分の位置にありますので、興味のある方はそちらもどうぞ!

 五代目花山うどん銀座店(googlemapが開きます)

 

f:id:t-shock:20180802063048j:plain

館林うどんももちろんしっかり置かれていました。

館林うどんも小麦の一大生産地である館林市において館林市のうどん業界を牽引してきた名店です。

館林うどんの記事は下記の通りになりますので是非興味のある方は見てみて下さい!

www.tatebayashi-matome.info

調味料販売コーナー

f:id:t-shock:20180802070412j:plain

これまた館林市を代表する企業、正田醤油の商品をはじめとした調味料販売コーナーもありました。

世界遺産富岡製糸場の絹製品コーナー

f:id:t-shock:20180803001638j:plain

f:id:t-shock:20180803001641j:plain

富岡市産繭を100%使用した絹製品はこの「富岡シルクブランド協議会」という団体でしか取り扱いを行っていないとのこと。贈答品に良さそう。

 

ゆるキャラ総選挙第1位獲得のぐんまちゃんグッズ

f:id:t-shock:20180803002524j:plain

f:id:t-shock:20180803002517j:plain

こけし

f:id:t-shock:20180803002521j:plain

 ぐんまちゃんとだるまのコラボ。カワイイですね。

群馬県産の野菜を使ったスイーツ

f:id:t-shock:20180802233258j:plain

群馬県産の野菜を使ったスイーツの販売コーナーもありました。

このスイーツシェフの柿沢さん私はよく知りませんでしたが、メディア出演も多い有名な方のようです。

ケーキを提供している「パティスリーポタジェ」のホームページは下記からどうぞ!

低糖質スイーツのお取り寄せならローカーボベジスイーツ専門店「パティスリー ポタジエ」

f:id:t-shock:20180802070937j:plain

f:id:t-shock:20180802070943j:plain

f:id:t-shock:20180802070940j:plain

野菜から作られているとは思えないほど色鮮やかでオシャレなスイーツで目移りしちゃいます。

群馬県産の野菜がこんなにオシャレになるとは驚きです。

2階はレストラン「TSURU」

f:id:t-shock:20180802234841j:plain

2階は7月25日オープンしたてのレストランになっています。この日もまだオープン祝いのお花がいっぱい置かれていました。

f:id:t-shock:20180802235002j:plain

16:00頃入店した時のメニューがこちら。さきほど紹介した群馬県産の野菜を使ったスイーツとビールなどお酒やお茶、コーヒーなどのドリンクメニューのみでした。お腹にスイーツを食べる余裕がなかったため、とりあえず浅煎りコーヒーを注文。

f:id:t-shock:20180802235039j:plain

窓際席はこんな感じ。幸い私以外にどなたもいらっしゃらなかったため、まだよかったですが、なんとも上品過ぎて、半袖半ズボンというラフな格好で来てしまって少し申し訳ない・・・。

f:id:t-shock:20180802235042j:plain

ワインや日本酒なんかも並べられており、今にも懐石料理とか出てきそうな雰囲気でした。さすが銀座。。。高級感が漂っています。

f:id:t-shock:20180802235036j:plain

浅煎りコーヒーも実に上品で、苦みが少なく、高級感漂う店舗で飲む一杯は至極のひと時でした。

ごちそうさま!

 

まとめ

群馬のアンテナショップ『ぐんまちゃん家』も銀座に出店して早10年、高級でオシャレなまち銀座に溶け込んできているという印象でした。

新橋駅、東銀座から徒歩で約10分、歌舞伎座からも近く、立地も非常に良いので、近くに来たときは是非寄ってみて下さいね。