ぐっどTB

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林(とその近辺)のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『自慢亭』~地元に愛され続けるザ・館林市の佐野ラーメン~

T-shockが人生の中で最も足を運んだラーメン屋。それが今回紹介する『自慢亭』です。それがゆえにもしT-shockが「館林市らしいラーメン屋に行ってみたい」と市外の方に言われた場合には、一番にこの『自慢亭』をおススメするくらい、T-shockにとってもソウルフード的存在のお店です。

店舗情報

店舗名 :自慢亭
電話番号:0276-72-2739
営業時間:11:00〜21:00
     ※ランチタイムサービス平日11:00~14:00
定休日 :木曜日
住所  :群馬県館林市大手町6-33

 

f:id:t-shock:20180512231652j:plain

外観は見ての通り料亭のような佇まいです。お店出入口の上にある『自慢亭』の看板や写真右側「らーめん」の赤い看板が目印です。少なくとも30年以上ある店舗にも関わらず建物が新しいのは「それだけ儲かっているから」だと思っています(笑)

ランチメニューは下の写真の通りです。

f:id:t-shock:20180518060449j:plain

A・B・Cランチそれぞれ半チャーハン+ラーメン+フルーツがベースで、そこにAランチでは餃子3個、Bランチでは肉団子5個、Cランチでは餃子3個と肉団子5個が付いてくるというメニュー。

メニューが豊富にあって、いろいろな料理が楽しめるお店ももちろん好きなのですが、この自慢亭のように「うちはこれで勝負してます」ってお店も大好きです。

今回はいつも注文をさせていただいているAランチを選びました。

ランチ以外の時のメニューは下の通りです。

f:id:t-shock:20180518062225j:plain

f:id:t-shock:20180518062228j:plain

ちなみに、お昼時で他のお客さんがいっぱいいたため、内装の写真撮影は控えましたが、老舗のラーメン屋だと「床が油でぎとぎとでぺたぺたする」なんてイメージを持つ方がいるかもしれませんが、全くそういった事はなく、外装同様とてもきれいなお店です。女性でも抵抗なく行けると思います。

また席は、カウンター席が7席、4人掛けのテーブル席が3机、座敷席が20席(4机)ありますので、小さいお子さんを連れて行っても安心して食べられます。

 

Aセットはこちら

f:id:t-shock:20180518062533j:plain

このAランチ、男性の方が食べても大満足に帰れるくらい食べ応えがあります。

T-shockとしてはこのAランチこそ『自慢亭』の魅力が凝縮されたセットだと思っておりますので、是非みなさんに注文してもらいたいと思っています。

f:id:t-shock:20180518063104j:plain

手打ち麺に鶏ガラの黄金スープが館林ラーメン佐野ラーメンの特徴です。写真ではチャーシューがスープに沈んでしまいましたが、チャーシューは肉厚で、これがまた美味い。学生時代はいつもチャーシュー麺大盛を頼んでいました。割とさっぱりした味ですので、若い方はチャーシュー麺を頼んでみるのも良いかと思います。

f:id:t-shock:20180518063414j:plain

チャーハンのご飯はもちろんパラパラ。油っこさがなく、さらりと食べられます。

さくら&こいのぼりスポットのつつじが岡公園鶴生田川や歴史の小径からも近く、観光散策の途中で寄ってみてはいかがでしょうか。