館林まとめ

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『スパイス酒場』~館林駅から徒歩1分!人柄の良さそうな店員さんと本格ネパール料理を楽しめるお店~

先日紹介した館林駅前のカフェドスタールの隣に「スパイス酒場」という看板を掲げたお店があります。f:id:t-shock:20180510065422j:plain

「酒場」というなんともレトロな名前で、看板やシンボルマークなんかもアジアンテイスト漂い、さらにこのお店の看板のさらに上には「中華料理」の文字。

なんだか突っ込みどころ満載でちょっと怪しさがあるこのお店。勇気を出して子どもを連れて行ってみたら、本格的な美味しいネパール料理が楽しめる良店だったので、是非紹介したいと思います。

 

1.ランチセットは650円~

席に着くと、人柄の良さそうなネパール(おそらく)人の店員さんが接客してくれます。日本語ばっちりで、「お子さん何歳ですか?」とか気さくに話しかけてくれます。

お店に入ってから、少し緊張気味だったのですが、この店員さんをみて、緊張がほぐれました。

ちなみに、ランチメニューはこちら。

f:id:t-shock:20180510065430j:plain

基本はカレーセットがメイン。カレーライスセット、定食もチキン南蛮セット、カレーうどんが650円です。カレーが苦手な方も、チキン南蛮・豚ステーキセットもあるため安心です。

ナンが食べられるカレー屋さんではT-shockは必ずナンが入ったメニューをチョイスするという謎のこだわりがあるため、

Aセット750円

・1種類カレー(チキンカレーを選択)

・ナン又はライス(もちろんナンを選択)

・サラダ

・ドリンク(アイスコーヒーを選択)

を注文しました。

この1種類のカレーについてはメニューの上の方にも記載がありますが、チキンカレー、マトンカレー、キーマエッグカレー、ホウレンソウカレー、野菜カレーから選ぶ事ができます。

ソフトドリンクはメニュー右下のラッシー、オレンジジュース、ウーロン茶、コーラ、チャイ(ホット・アイス)、コーヒー(ホット・アイス)から選べる事ができます。

 

 

2.お店の雰囲気は日本の居酒屋そのもの

f:id:t-shock:20180510065444j:plain

お店の中の雰囲気はまさに個人経営のザ・日本の居酒屋。焼酎や日本酒の瓶が並べられ、ハイボールやホッピーの貼り紙。座敷まであり、ネパール感は一切なく、なんだか落ち着きます。

席数はテーブル席3(2人用×1、4人用×2)、座敷席3(4人席×3)

この日の滞在時間は1時間弱でしたが、お1人様が2組と、外国人風の4人組、女子高生2人組が来ていました。

3.焼きたてナンと濃いめのカレーが絶品

f:id:t-shock:20180510065426j:plain

巨大な焼きたてナンとチキンカレー、サラダです。T-shock御用達のタージマハルと比べると

ナンについては

タージマハル>スパイス酒場

カレーについては

タージマハル<スパイス酒場

といったところ。いずれも僅差です。チキンカレーは濃厚でナンとよくからみ、とっても美味しくいただきました。

子ども2人と私家族3人で、お子様セット(500円)とこのAセットを注文して子どもたちも大満足でした。

f:id:t-shock:20180510065441j:plain

最後、人柄の良さそうな店員さんがサービスでこのアイスをつけてくれました。こちらも珍しい味で何だかわかりませんでした(かぼちゃかな)が、美味しかったです。

4.その他特記するべきこと

その他特記するべきこととしては、「酒場」というお店の名称のとおり、ドリンクメニューが充実していること。

f:id:t-shock:20180510065436j:plain

珍しいネパール・インドのビールやワインなどのお酒も飲めるようです。

f:id:t-shock:20180510065433j:plain

写真を撮り忘れてしまったのですが、ネパール料理のメニューもすごく充実しているので、夜に今度行った時にはそちらのレポートもしたいと思います。

5.まとめ

単純にカレーやナンが食べたい、

駅前で、仕事帰りにちょっと一杯飲んでから家に帰りたい、

ネパール・インド料理とのお酒を飲んでみたい。

そんな方におススメの『スパイス酒場』。是非一度本格ネパール料理を楽しんでみて下さい。

 お店情報

営業時間:ランチ  11:00~15:00

     ディナー 16:00~23:00

電話番号:0276‐78‐7342

住所:群馬県館林市本町2‐2‐3