館林まとめ

「館林にちょっと豊かなくらしを」モットーに館林のグルメ・観光・施設・イベント情報をお届けいたします。館林市の情報をまとめていきたいと思っています。

『出没!アド街ック天国~館林~』ランキング結果・施設・店舗情報11位~12位【平成30年4月7日(土)21:00~21:54】

1位~10位までのランキング結果はこちらwww.tatebayashi-matome.info

11位 鮨恵三&鮨おばな

【鮨 恵三】
住所: 群馬県館林市緑町1-12-10
TEL: 0276-73-9199

【鮨 おばな】
住所: 群馬県館林市大手町5-1
TEL: 0276-72-1604

12位 とりせん

館林が本社の北関東ではおなじみのローカルスーパー。
住所: 群馬県館林市富士見町12-60
TEL: 0276-76-2055

 

13位 にがうり&きゅうり

にがうりは出荷量1379tで本州1位。きゅうりは出荷量18,016tで本州1位。朝採りキュウリは手で折って横にしてもくっつくほどみずみずしい。

14位 ラー・もつ

【一本杉】
県道7号線にあるレトロな食堂。
住所: 群馬県館林市東広内町2945-1
TEL: 0276-73-6564

【寿々や】
「もつ煮旨い!」の看板がインパクトのある食堂。ラー・モツセットの他にも激辛の火遊びタンメンは館林市で開催されている激辛・激甘・激冷グランプリで入賞している。
住所: 群馬県館林市大谷町1052
TEL: 0276-72-1179

【上海亭】
地元で50年続く人気店。「ラー・モツ」に半ライスが定番セット。常連さんはラーメンにモツをぶっかけたり、ごはんにぶっかけたりして食す。
住所: 群馬県館林市台宿町1-42
TEL: 0276-73-1617

 

15位 館高&館女

インターハイ出場42回優勝3回している館林高校のレスリング部と全日本女子ボクシング選手権3位の高校2年生の星野萌さんが所属する館林女子高校のボクシング部の紹介。

16位 ヤシの木 増加中

【hair salon VIARS】
大量のヤシの木で南国ムードが漂う美容室。館林で一番大きなヤシの木がある美容室。地元民からは店名ではなく『ヤシの木の美容室』と呼ばれている。
住所: 群馬県館林市花山町3392
TEL: 0276-73-8878

【SEAFOOD MONSTER】
館林で今話題の一軒。店内の奥の壁一面にヤシの木とビーチが広がる。オーシャンビューで頂けるのは、ハワイで人気のシーフード。
住所: 群馬県館林市緑町2-16-8 多田ビルB区
TEL: 0276-55-6334

 

17位 猛暑日日数日本一

都心のヒートアイランド現象と海風により館林に暑さがこもり、猛暑日が続く。年間猛暑日は過去5回も日本一となった。年間最高気温も過去2回更新したことがある。

館林市民に暑さについて聞くと「隣町に行っただけでも涼しい」と感じる事もあるという。館林に住むフィリピン人に聞くと「ホントに暑い!」と悲鳴をあげるほど。

18位 焼きそば大好き!

【トトロ】
館林では珍しい蒸し麺を使用した焼きそばが特徴。館林税務署と保健センター・旧館林市役所庁舎の中部公民館の丁度中間あたりにあり、T-shockも小さいころからよく食べてました。
住所: 群馬県館林市仲町12-8
TEL: 090-1216-3216

【味之屋】
本職の電気屋のかたわら金・土・日のみ営業。
住所: 群馬県館林市上三林町516-7
TEL: 0276-71-0404

【さいとう惣菜店 ひまわり】
自動車整備工場の奥にある焼きそば店。人気メニューは、北関東のローカルフード・いもフライとのセット。いもフライ120円・焼きそば大盛300円
住所: 群馬県館林市羽附町1743-3
TEL: 0276-72-2019

【大沢商店】
昭和34年から愛される人気の一軒。店の隠れた名物は、極厚に切った食パンにマーガリンを塗ったパンを追加注文して作る大迫力の焼きそばサンド。さらにハムカツをのせれば完璧。ハムカツは60円・焼きそば大盛は250円。常連は追いがけウスターをして食べる。
住所: 群馬県館林市城町6-16
TEL: 0276-75-1627

19位 お花見ランチ

 

【レストラン美鳥】
ケースに並ぶメニューのサンプルに昭和の哀愁が漂うレトロなレストラン。炭火焼をする絶品あゆや群馬名物や焼きまんじゅうなど食べ歩きメニューも充実。
住所: 群馬県館林市花山町3292
TEL: 0276-72-1060


【川魚料理 せきぐち】
城沼沿いにある川魚漁をしていた先代が開いた川魚の店。店の名物は、沼地の多い館林で古くから親しまれてきたナマズ。なまず天丼は900円。
住所: 群馬県館林市当郷町1975-24
TEL: 0276-73-1470

 

20位 東京スカイツリーから63.4km

【館林うどん うどん本丸】
創業から70年、乾麺を作り続けている。その食事処で販売している「むさしうどん」は、長さ・重さ・値段全て「634」。このうどんはお土産に最適!
住所: 群馬県館林市本町3-8-1 館林うどんビル1F
TEL: 0276-74-0145

 

【ラーメン厨房 ぽれぽれ】
自家製の熟成手もみ麺が人気のラーメン店。こちらでは麺が634グラムというチャレンジつけ麺を販売中で、6分34秒以内に完食すると通常1,080円のところ、634円になる。さらに完食後体重が63.4㎏ぴったりになった場合には無料となるサービスもやっている。(6月末まで)
住所: 群馬県館林市緑町1-32-8
TEL: 0276-72-7774

 

気にスポ!

【土田クリーニング】

群馬のランボーこと土田貴弘氏が経営するクリーニング屋。昔テレビチャンピョン無人島王選手権で優勝したほど、サバイバルに長けた人物の紹介があった。

ゲストのコメントで気になった事

峰竜太さんの「意外と都心から近い」と「つつじが岡公園のつつじ・花菖蒲」の情報は館林民が最もPRしたい事なので、良く言ってくれたという感じでしたね。

渡辺徹さんもご近所古河市出身で結構館林に関するいろいろエピソードをお持ちで、うれしかったですね。榊原郁恵さんに自分の実家に行った時に、文福茶釜の茂林寺を「自分の地元だ」と言って騙したというエピソードは面白かった。

紫吹淳さんは「鶴の頭」という群馬県民は鶴舞う形の群馬県にちなんで、自分の地元の場所を説明する時に鶴のどの位置であるという表現をするというローカルネタを入れてもらったのは好感を持てました。うどんとかもつをそれほど食べないという発言もスタジオの方からは「ほんとに住んでたの?」とか突っ込まれていましたが、意外と地元でも結構あるあるなので、正直に答えてる感じが逆にそこも好感が持てました。

邑楽町出身のロバート山本さんが紹介した「いっちょう」は確かに超優良店ではあるんだけれども、チェーン店だし・・・そこかよ!って思わずテレビの前で突っ込んでしまいました。ミニ四駆を買いにいったおもちゃ屋(おそらく青木おもちゃ屋)の隣の鞄屋が向井千秋さんの実家というローカルネタは良かった。ただ「向井千秋さんの実家の鞄を買うと出世する」というのは初耳。

山田五郎さんの地形的・歴史的観点から館林市を解説していただけたのが、館林市民としても勉強になりました。よく調べられていますね。

 

T-shockの勝手なランキングとの答え合わせ

どうでもいいと思いますが、T-shockが勝手にランキングした順位とアド街ック天国のランキングの答え合わせをしたいと思います。答え合わせは下記の通り。

※()内がアド街ランキング

1位つつじが岡公園⇒(つつじが岡公園1位)

2位こいのぼり⇒(館林の春まつり5位)

3位うどん文化⇒(館林のうどん7位)

4位分福茶釜の茂林寺⇒(寺社巡り3位)

5位館林まつり⇒(ランク外)

6位群馬県立館林美術館(ミュージアムめぐり8位)

7位東武トレジャーガーデン(館林の春まつり5位)

8位日清製粉ミュージアム(正田醤油・日清製粉8位)

9位朝陽・夕陽・彫刻・歴史の小径(ランク外)

10位麺ー1グランプリ(ラーメン)(ランク外)

11位正田醤油(正田醤油・日清製粉第2位)

12位館林城(館林城址10位)

13位激辛・激甘・激冷グルメグランプリ(ランク外)

14位向井千秋記念子ども科学館(ミュージアム巡り8位)

15位とりせん(とりせん12位)

16位麦落雁(ランク外)

17位秋元別邸(花菖蒲園)(峰さん若干コメントあり・ランク外)

18位善導寺(榊原康政の墓)(寺社巡り3位)

19位多々良沼・城沼の白鳥(5つの沼4位)

20位カルピス工場(食品工場6位)

 

☆その他ランキングに入ってきそうなもの

・鮨おばな(鮨恵三 鮨おばな11位)

・近藤沼公園釣り場(ランク外)

・徳川綱吉(館林城址10位)

・東洋水産(食品工場6位)

・皇后美智子さまのゆかりの地(正田醤油・日清製粉第2位)

・尾曳神社(寺社巡り3位)

・富士嶽神社(寺社巡り3位)

・田山花袋記念館(ランク外)

・館林駅(ランク外)

答え合わせからの考察

これまたどうでもいいかと思いますが、答え合わせからの考察です。順位の前後はありましたが、まあまあ当たっていたのではないでしょうか(苦笑)館林まつり(7月)・麺ー1グランプリや(10月)激辛・激甘・激冷グルメグランプリ(7月)など季節外れのイベント系が外されるのはしょうがないと思えるのですが、館林市の伝統のお菓子の麦落雁と新日本歩くまち紀行100選に選ばれている朝陽・歴史・夕陽・彫刻の小径がランキングに入らなかったのは残念でした。

館林市民として内側から見る視点と東京・その他の街を調べつくしているテレビスタッフ方々の視点の違いが分かって大変興味くみさせていただきました。

 

関連記事

t-shock.hatenablog.com